スタッフブログ

16.07.05

こんにちは。

動物看護師の中山です。

暑い日が続いていますね。

 

わんちゃんは肉球でしか汗をかけず、特に熱中症になりやすいので、気を付けてあげてください。

閉めきった部屋や車の中に居たり、外で飼われていたり、暑い中を散歩したりすることでも熱中症になります!

 

熱中症の症状として、口を開けてハアハアと呼吸をする、大量のよだれを垂らす、脈拍が速くなる、口の中の赤みが強くなる、ということが挙げられます。

また、嘔吐や下痢、けいれんを起こすこともあります。

熱中症にかかったときには、とにかく体を冷やしてあげてください。まずは日が当たらず風通しの良い、涼しい場所に移してあげてください。

そして、体に水をかけたり、濡らしたタオルをかけたりしてあげてください。

特に脇の下や内股、首周りを重点的に冷やしてあげてください。

 

ご不明な点がありましたら、お問い合わせくださいね!